2019/10/09

ホテルムンバイ

Aa_20191005221001

何か面白い映画ないかなーと思ってYahoo!映画を見ていたら高評価だったので、子供達が居ないスキに妻と二人で見に行ってきました。

インド・ムンバイのタージマハルホテルで実際に起きたテロ事件を題材に、勇敢にも宿泊客を守るためホテルに残った従業員達のエピソードです。最初から最後までずっと張り詰めっぱなしの緊張感。中ダレもなく、スクリーンに釘付けでした。一応従業員の一人が主人公なのですが、出てくるキャラクター一人一人にストーリーがあり、最終的にテロの犯人まで主人公の一人のように感じられた映画で、非常に物語性が高かったと感じました。映画全体を通したストーリー自体はあまりスッキリとしたものではなかったですが、評判の通り面白かったと思います。ただ観終わったあと、我々二人ともドッと疲れてしまいましたが💧

この映画を観てふと思い出したこと。この映画の題材となったムンバイのテロが起きたのが2008年なんですが、私が友人が2006年にインドに卒業旅行してた時にも、そういれば爆破テロがあったんですよ。ここの日記に書いてあるんですがね・・・、私達がバラナシを発ったあと爆破テロがありその後バラナシが封鎖されたので、一歩間違えば帰国出来なかった可能性もあったということです。

この映画の中でテロリスト達は何の前触れもなく、何の慈悲もなく目に入る一般人を次々に撃ち殺していきます。すごいショッキングな映像ですよ。今私は元気だから運が良かったで済んでいますが、この映画の宿泊客達のようにテロの現場に居合わせたら生きて帰れた気がしません。

・・・とまあそんなことをしみじみ考えてしまった映画でもありました。もう上映期間は終わりつつありますが、興味が湧いたら是非。

| | コメント (0)

2019/10/05

盾の勇者の成り上がり

2

このアニメ面白いです。

先程第21話を見終わったところなのですが、作成スタッフがやってくれましたね。これまでマインの謀略による尚文の不遇を延々と見させられたのも、この瞬間のためだったのだと。そうはっきりと分かる素晴らしい演出でマインを裁いてくれました。
そしてまたマインの声優さんが上手い。あの憎たらしいマインがこの絶叫・・・良くぞ・・・溢れんばかりのカタルシス効果で涙が・・・。

2a
(衝撃的な場面なのに、後ろの兵士あまりにも無関心すぎね?)

それはともかくこのアニメ。まあ確かに主人公の性格とか、良くあるご都合主義とか気になるところはありますが、それを上回る演出と展開で飽きさせませんね。ゲームっぽくスキルが開放されていくところなどは、ややメタ的で物語への感情移入を削ぐかと思いきや、それほど強調されないことでむしろ主人公の成長を表現して、RPGが好きな我々世代の心をくすぐる上手い演出になっていると感じました。
小説も買って読んでみようと思いましたが、原作はamazonの評価ではそれほど高くはないようですね。アニメ化スタッフの作り方が上手なのでしょうか。

毎週子供たちと楽しみにしていた「ダンベル何キロ持てる?」が、最後イマイチ盛り上がりに欠けるまま終わってしまったので(それでも原作をうまく展開させてまとめてくれたと思いましたが)、このアニメがその心の隙間を埋めてくれている感じです。HPを見たら3期作成も予定されているとのこと。原作を読んだことのない身としてはアニメできちっと完結して欲しいなと思います。(そうしないと気になって原作を読まざるを得なくなるので・・・)

--

話はかわり、リアルの近況としては・・・狩猟の猟期が迫ってきています。とは言え、右も左も分からないので猟友会にこれから教えを請おうという段階ですが・・・、夢見た猪鹿肉爛漫生活は送れるのでしょうか。射撃もそこそこ練習したので(とは言えまだ1200-300発程度ですが)、何かしらの成果が出せるよう頑張りたいと思います。それと、「ダンベル何キロ持てる?」の影響で微妙に筋トレとか再開してみましたがいつまで続くことやら・・・。

| | コメント (0)

2019/08/12

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー

A_20190812213201

先日の「天気の子」に引き続き、もう一つ観たかった映画である「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」を見てきました。
……まあ、その、なんだ。一言でいうと

俺は許した。

あ、多少ネタバレします。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«天気の子……ぉぉぉおお!