« ケント防衛戦とリアル攻城戦 | トップページ | Trick or Treat!! »

2004/10/28

日々、ガンバリズム

耳鼻科まわりで、被験者役として鼻拡げたりしているルーテスです。こんばんは。

昨日医局で薬品会社のプロパーさんによる、薬品説明会がありました。
大学病院には朝から、スーツを着たプロパーさんが結構うろうろしています。
医者に声をかけて自分達の作った薬品を売り込むのが彼らのお仕事のようですが、これまた皆さんえらく低姿勢。
向こうとしては病院で薬を使って貰えれば数千万単位で儲けが見込めるわけですから、なんとしても売り込みたい所でしょう。

さて。病院では厄介者の我らポリクリ学生も、院内では白衣着用で一見しただけでは医者と区別がつきません。
なので時々俺も「おはようございます」と腰を45°に傾けた挨拶をされてしまい、何だか妙に焦ります。
「あ…いや…あたしゃこのとーり学生の身分なもんで、どうぞ頭をお上げなすって…。」
とついつい返したくなる気まずい感じ。逆に気を遣ってしまい、何だかまいります。

でもこんな事を毎日されていたら「俺ってひょっとして偉いんじゃない?」と思い込みそうになる医者の心もわかりますね。
卒業したての研修医の時代からずっと、彼らのちやほやが続くわけですから…。
患者さんにも頭を下げられ、プロパーさんには最敬礼され…「医師」というネームバリューは今もまだ健在のようです。
また医者をやってる人というのは結構プライドの高い人が多くて、
御多分にもれず俺もこのような扱いを受けると、確かに悪い気分はしません。
「偉そうな医者」ってのを何人か見て、「うーわ…こうはなりたくないわなぁ」と思う反面、
現場で「医者ってこういう扱いを受ける職業なんだ…」と言うのを実感し、なんともはや。心はやじろべえ。
(まぁ…責任の重い仕事ですから、実際浮き足立っても居られないのが現状でしょうけれど。)

てなわけで。
そんなプロパーさんの甘いちやほやに出会い、いい気分になりそうになるたび、
「謙虚だ!謙虚!人間謙虚でないといけないぞ!!!つーかお前もっと勉強しろ!」
と自分に言い聞かせまくっている、意志薄弱な俺でありました。


ちなみに、昨日の説明会でプロパーさんが用意してくれた夕飯用弁当はうなぎ。
あぁ…医者って…医者って…。

|

« ケント防衛戦とリアル攻城戦 | トップページ | Trick or Treat!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51632/1797147

この記事へのトラックバック一覧です: 日々、ガンバリズム:

« ケント防衛戦とリアル攻城戦 | トップページ | Trick or Treat!! »