« 血ぃ抜きまっせ | トップページ | さようなら、ピエロバ »

2004/11/05

きょーじゅ

今日は第一内科ポリクリの最終日と言う事で、一内の教授と俺達のグループでお話をしました。
部屋(教授室)に通され

「まぁ、座んなさい。とりあえずこれでもつまみながら話をしようか。」

と言って、出されたのが何故か寿司。
時間は午後4時。夕飯にはまだ早い時間です。
思わず

寿司かよっ!

と喉まで出かけたツッコミをぐっと飲み込んで、班員一同わけの分からぬまま「とりあえず」寿司をぱくついていました。

で、始まったのがどんな話かっちゅーと

「どうだい。卒業後、うちの医局に来てみる気はないかい。」

てな内容。

現在、卒後研修の場所として大学病院は(東大、京大を除き)あまり人気が無いのが実情です。
何故かというと、大学病院より市中病院の方が扱っている症例数も症例内容も多様なのだそうで。

卒業した学生の大半は「やはり研修は多くの症例を扱っていて、良い研修内容(=勉強)が出来る所を選びたい」と思っているので
意外かも知れませんが、楽な病院より忙しい病院の方が人気があったりします。
「研修内容=自分の臨床能力」となるのですから、当然と言えば当然ですが。
その流れで今年もあまり研修医が大学に残らなかったらしく、
今日の座談会の目的は、医局側として一応自分の所をアピールしておこうといったところでしょうか。

グループの学生の中には自分の行きたい研修先と科をはっきり告げている人も居ましたが
俺はまだ正直自分の行きたい道が決まっていないんですよね。
漠然とした考えはあるけれど、それを叶えるにはまだ勉強もしなきゃならないし。
教授も即答など期待していない様子だったけれど、その場はとりあえず自分の考えを正直に述べておきました。
でも積極的にこういう機会を持ってくれるのは有難いなーとも思ったし、
色々質問などして、参考になる意見も聞けたので個人的には良かったかなぁ。

昔と比べ研修医制度も様変わりしているので色々面倒な事もありますが、まーゆっくり決めて行こうかと思います。
(と言っても、来年の8月くらいまでには、研修先病院を絞っておかないとならないんだけどね…。)

まぁ、あれだ。

今日はとりあえず。

寿司がうまかった。

おわり。

|

« 血ぃ抜きまっせ | トップページ | さようなら、ピエロバ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51632/1876511

この記事へのトラックバック一覧です: きょーじゅ:

« 血ぃ抜きまっせ | トップページ | さようなら、ピエロバ »