« 自分にしか救えない命がある。 | トップページ | 6年時ポリクリ第2週 »

2005/02/25

まじでびびった。

※今日本当にあった話。

今日の午後、オペ見学に行くため病院に行った。
2階の階段を一段抜かしで足取り軽く登っていたところ、踊り場に女性が倒れていた。



……え?



え?なにこれ…?




な…なんで人が倒れてるんだよおおおおおお!!!!

突然の出来事。

もうね…マジで意味不明。
何で倒れてんの。昨日それっぽい日記書いたから、今日実際に倒れてんの?
ていうか、これどっきりカメラとかそういう事?

い、いやいや。
っていうかさ…そんな事より、これってヤバイんじゃねえの!!?

『も、もし!もしもし!』

俺は状況判断が出来ないままとにかく声をかけた。

相手の反応は…無し。

おいおい…まじかよ…勘弁してくれよ…。何なのよ一体…。マジで意味不明だよ。

…そ、そうだ!脈をとらねえと…これでもし脈無かったら…。心肺停止だよな…。
そしたら心臓マッサージと人工呼吸しないと…!マジっすかーーーー!!!

ど…どうか!脈がありますように脈がありますように脈がありますように!!!

でも授業で習った事って本当で。
焦ってる時に脈取っても、触れているんだか触れてないのかまるでわからない。
だから余計焦る。余計わけわかんなくなる。

…おいおい、やべえよわかんねえよ。
俺一人でどうしろっつーんだよ。人呼ばなきゃ…!!

この間、世界がものすごくスローに感じられた。
こういうのを緊迫した状況って言うのだろうか。多分この時俺の体内では、アドレナリンが出まくりだったと思う。

そうして、まさに人を呼ぼうと思ったその時、

女の声 「あれまー。○○さん、こんな所にいた。」

…え…。

一瞬わけがわからない俺。
呆然としていると、看護婦のおばさんが二人降りてきて俺に向かって

「大丈夫だから。」

と一言。

『え…え…??』

「ほら、○○さん。起きて。とりあえず上に行こう」

相変わらず状況が飲み込めない俺をおいて、二人は倒れているその人を抱えて階段を上ろうとしていた。

な。なにやってんだ、この人ら。その人意識が無いんじゃないのかよ…。
目ぇ開けないし、なんかぐったりしてるし…。立たせて大丈夫なんかよ…。

そんな俺の表情を読み取ったのか、看護婦の一人が

「大丈夫大丈夫…。」

と、何故かひそひそ声で囁いた。

「ほら、○○さん。ちゃんと立って。階段上りますよ。」

わけがわからなかったが、その人の足元を見ると、わずかだが自分で足を上げて階段を上る仕草をしていた。

…え。意識あんのか…。

その人はそのまま二人に連れられ、外来の方に連れていかれようとしている。
そして、その方向は…精神科の外来の部屋だった…。

そこでやっと俺は理解した…。

なるほどね…。

まぁ…とりあえず。危機的状況ではないわけだ…。

俺はとりあえず『手伝いましょうか?』と聞いたが、看護婦が
(本当にいいですから。あんまりコトを大げさにしたくないので…!)
と、いうニュアンスを込めて返事をしてきたため、俺は一言告げてその場を離れた。

~~~~

てなわけで今日、生まれて初めて「目の前で人が倒れている状況」ってのに会いました。(前振りながっ。)
やっぱり倒れている人を見た時って焦りますね…。
最初はてんかん発作で倒れた人か、あるいは本当にどっきりカメラかと思ってました。(^_^;)
今日のは精神科で…なんなんですかねぇ。うつの患者さんで極度の無気力だったんでしょうか。
まあとにかく命にかかわる事態じゃなくて良かったですよ、ホントに。

しかし人の命を背負うって、予想以上に重い事ですね。今日その事を何となくですが実感しました。
周りに誰も居ない状況で、あんな事に出会ったら本当に焦ってたでしょう。
それと「事故は突然やってくる。」…これも、肝に銘じておくことにします。

皆さんも、明日突然命の現場に出くわすかもしれませんよ!心肺蘇生法、マスターしておきましょう。いや、マジで。
声かけるところで焦りまくって「も、もし!もしもし!」は我ながら間抜けっぽいと思いましたからね…ははは…。

|

« 自分にしか救えない命がある。 | トップページ | 6年時ポリクリ第2週 »

コメント

ピエロバ殿、乙であります( ̄^ ̄ゞ !!
なるべくならそんな状況あいたくないよねぇ
飛行機乗るときはゲートのところで妊婦さんいないかチェックしてしまう…
とりあえず…
脈の前に呼吸のチェックだ!!
だったよね??

投稿: フリークス | 2005/02/28 00:07

オアエガオシタオシタンダロウ・・・

投稿: シュバ | 2005/02/28 06:33

>フリークス

そう、脈の前に呼吸チェックだったんだけど…。
女の人が身体を曲げて横向きに倒れてて、呼吸チェックするには
覆いかぶさるようにして、顔を相当近づけなくちゃならなかったんだよね。
それを考えて一瞬とまどいが……わかってくれますか…。(;´Å`)
最初はホント半信半疑だったんで、思い切った行動に出れなかったんす…ヘタレです…。

実習の時の人形っていつも仰向けだけど、
良く考えたら人が倒れる時に仰向けになる事って少ないよねえ。
それに当たり前の事だけど、実際人の身体を動かすとなると緊張してさ…。
理論と実践は違うなって痛感しました、ホント。

>シュバ

   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ミ
  /   ,――――――ミ
 /  /  /   \  |
 |  /   ,(・) (・) |
  (6       つ   |
  |      ___  |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |      /__/ /  < なわけねぇだろ!
/|         /\   \__________

投稿: ruteth | 2005/02/28 19:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51632/3074293

この記事へのトラックバック一覧です: まじでびびった。:

« 自分にしか救えない命がある。 | トップページ | 6年時ポリクリ第2週 »