« Endless Radio 第二回 | トップページ | 拝啓:偉大なる先人へ »

2005/11/02

タリウムたん

今世間で話題の、高一女子のタリウムによる母親殺害事件。
Yahoo!のニュース一覧を見たところ、

「女子高生はblogで動機を示唆していた!」

って、…またblogかよ。
いい加減、犯人のblogやHP発掘ネタを投下するのは止めろと言いたい。

以下、下らない内容~。

女子高生に、母親殺し、しかも珍しい毒物。

キーワードを見るだけでも話題性抜群なのに、
「その女子高生が書いていた日記が。」なんつったら、そら興味湧きますよ。
で、俺もそれに釣られて色々見てきたんですが。(←うんこ)

この子、作家にしたら良い線行きそうな気がしました。

…ってアホなコメントしか書けない自分が情けない。
簡単に見る限りじゃ、確かにこの子は特殊な感じがするけど
やっぱり周りの環境も特殊だったような気もする。
彼女の兄はblogの存在を知っていたっぽい事が書いてあるし、
そもそもこの子と母親との間に何か確執めいたものがあったんじゃないだろうか。
…まあ動物実験していたとかいう記載もあるし、結局誰が悪いなんてのは
水掛け論にしか過ぎないのだけれども。

ニュース番組にも目を通してみたんですが、
いつものようにジジ・ババコメンテーターが、したり顔で喋りまくってますね。
中でも朝の「情報ツウ」に出ていたゲストは、こんな事言ってましたよ。

【少女は踊るのが楽しいらしく、同級生が手を叩いて踊りだす事もあった。】
とか言う発言を受けて、

「手を叩くと踊るって…、脳に何か器質的なものがあるんじゃないでしょうか?」
「やっぱり、どこかしら頭が…。」

おいおいお前ら、人を基地外呼ばわりですかww

同級生が手を叩いて、少女が踊るって…つまりかわかわれてたって事じゃないんすか?それをどういうつもりでやってたと聞けば、「楽しいから」に集約させられるだろうけどさぁ。
どうしても若年の特殊犯罪は、そういう設定に持って行きたいらしい。

~・~・~

とにかく若年犯罪のニュースは見ていて特に心が痛みます。
残りの長い人生、その罪を一生背負って生きるんですから。
俺だって親に「むかつく、ぶっころす、ぶっころす」言っていた時期がありましたけど、
白髪や皺の増えた今の親を見たら、とてもそんな気持ちは湧いてきません。
むしろいくら感謝してもし足りない位でしょう。結局のところ、人は成長するのだと思います。

つい衝動に走りがちな子供らの過ちを正し、後悔させないために大人という存在がいる。
いつの時代も、しっかりすべきなのは子供ではなく大人なんだと思います。

ということで。今回のワースト・ワンは、女子高生の若さに釣られてタリウムを売ってしまった、近所の薬局のオヤジって事で、ファイナルアンサー。
俺ならこのミスは決して許しませんね。(´ー`)

|

« Endless Radio 第二回 | トップページ | 拝啓:偉大なる先人へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51632/6850887

この記事へのトラックバック一覧です: タリウムたん:

» どんな親であっても、親を尊敬でき、心から赦せる幸福。親を憎む不幸。 [元フリーター編集者の出版日記]
【ニュース】「母親殺人未遂「観察日記」まで作った女子高生の素顔――衰弱状態を冷静に記録」を心理学の視点から分析します。 どうせ、したり顔の社会学者なんかが、ブログの匿名性が云々、ネットでの猟奇的な情報が云々、十代の心の闇が云々と、非常につまらーんことばかりをおっしゃるのが、目に見えているのですが。わたしはそのようなつまらないことはいいません。 この事件のポイントは、たったひとつです。 「彼女には......... [続きを読む]

受信: 2005/11/02 19:08

« Endless Radio 第二回 | トップページ | 拝啓:偉大なる先人へ »