« ヤバいよな俺ら。 | トップページ | 冬空に夏を恋しがり »

2006/02/08

サイレン

今週の土曜日に映画「サイレン」が公開されます。
映画館に観に行きたいけれど、国試勉強がやばいのでぐっと我慢。

siren1

皆さんもご存知の通り、この「サイレン」は同名のプレイステーション2用ソフトが映画化されたもので、
ホラー好きな俺は、ご多分に漏れずこのゲームソフトもちゃんと持っていたりします。

元のゲーム「サイレン」は羽生蛇村(はにゅうだむら)という寒村が舞台。
サイレンの音が鳴り響くと共に、村が消えてしまうという事件の噂を聞きつけやって来た主人公達が、
実際にその現象に出くわす所から始まります。

このゲームのすごい所は、雰囲気作りがとても上手いという事。
他の世界から隔離された寒村、村人達の豹変、周囲をいつの間にか取り巻いている赤い海。
物陰に隠れて主人公達の様子を伺う村人達の息遣いまで、はっきりと表現されています。
それにこういうシチュエーションは、ホラー好きの俺にとってはすごいツボなんですよね。
平和な村から一転、ものすごく異常な状況に変貌を遂げる、というそのギャップがと言うか何と言うか。

例えば。あなたの仲の良い同僚がある日、
ニコニコしながら血の付いた包丁を持って近づいてきたら……どうしますか?
想像するのが難しいかも知れませんが、一度想像出来てしまうと、逆に妙なリアリティがあると思います。

「おーい、逃げるなよー」

ゲラゲラと大声で笑いながら追いかけてくる同僚。必死の思いで逃げる自分。
逃げ回る内に別の同僚の後ろ姿を見つけて、あなたは大きく安堵する。

『助かった!』

しかしその同僚の名前を呼び駆け寄ろうとしたところで、異変に気付く。様子がおかしい。
地面に腰を下ろした彼の陰から、横たわる人間の足がのぞいている。それはピクリとも動かない。
そして彼はゆっくりとした動作でこちらを振り向き、俺と目が合う、と次の瞬間。
彼がこちらに向かって、ものすごい勢いで走って来る!!
目をかっと見開き、その洋服を真っ赤に染めて、口の周りをてらてらと、血で、濡らして。

……と言う感じ。
走ってくる彼が、その右手に洋服と同じように赤く染まった手斧なんて携えてた日には
もう失禁モノですよ、ええ。

日常に潜む、非日常。それが身近であればある程、より恐ろしく感じられるものです。
そこに村という閉塞空間と、村人全員が殺人鬼という思いも寄らない恐怖設定が加わった日には
もう戦慄が走るに十分。リアルに想像すればするほど、背筋が凍ります。

ちょっと話が脱線してしまいましたが、そんな感じで、サイレンが鳴り響いた後の羽生蛇村では
主人公達以外の村人は全員「屍人(しびと)」と化して徘徊しているわけです。
(その辺りは、漫画の「彼岸島」を想像して貰ったら分かり易いかも)

それで、こんな状況では主人公達にも何か利点が無ければ生き延びられない訳ですが、
そんな彼らに与えられた能力、それが「視界ジャック」です。
つまり自分以外の人間(≒屍人)の視界を盗み見る事が出来る能力。
屍人の視界を、あたかもラジオの周波数を合わせるようにジャックしながら、
彼らが見ていない隙を縫って村を脱出する。それがプレイヤーの分身である、主人公の目的なのです。

-----------------------

※「子供が怖がる」と放送禁止になった「サイレン」のCM ……って怖がらせるために作ったんじゃ……。

-----------------------

以上、PS2版「サイレン」について簡単にまとめてみましたが、どうでしょう。結構面白そうじゃないですか?
カプコンの「バイオハザード」なんかは恐怖と言うよりむしろ、武器を集めて敵を倒す爽快感を
売りにしていますが、この「サイレン」とかコナミが出している「サイレントヒル」、
他にもヒューマンの「クロックタワー」なんかは、あえて主人公に大した武器を持たせず、

「あなたに出来るのは、怖いモノから逃げ回る事だけ」

と、恐怖から逃げ惑う感覚を売りにしていますので、よりホラーっぽいのではと思います。
(クロックタワーは、最後あたり聖戦チックですけどね)

ただサイレンには、色々ゲーム的な難点もあって、
それが結局このソフトをマイナー化させている原因になっちゃっているんですよね。
操作性の問題もありますが、他にもマップが分かりにくい事とか、
屍人達が村人のくせにやたら銃を持ち歩いている事とか、
屋根の上とかに居るライフルを持った屍人が、ゴルゴ13並の精度でこちらをスナイプしてくる事とか。
訳の分かんないところでやたらに難易度が高くなってしまっています。
もう少しとっつき易くすれば名作だったのに……惜しいなあと。
もうすぐ「サイレン2」が発売されますが、この辺りの改善度に期待ですね。

何か長々と語ってしまいましたが、これで興味の沸いた方は中古ソフトでも購入してみては
いかがでしょう。多分、二千円程度で手に入るんじゃないかと思います。

というわけで、今日の駄文終わり。ふー、やっぱ国試終わったら映画見に行こうっと……。

※ついでの紹介になりますが村恐怖関連のゲームでは「ひぐらしのなく頃に」も割とお勧めです。
前半の二時間さえ乗り切れば……ですが(笑)
ネットにも沢山ホラー系のゲームが転がっていますが、怖いやつは本当に怖いですね。
ビックリ系は嫌な意味で怖いですけど……(てかトラウマになります)
何かお勧めのヤツがあったら是非、ご一報下さい。

|

« ヤバいよな俺ら。 | トップページ | 冬空に夏を恋しがり »

コメント

でたあああぁぁぁぁぁ(´Д`;)

サイレンのスナイパーはありえん!
見つかる→画面真っ赤→ドゴン。
精度良すぎだろ…避けれないっての(´Д⊂

クロックタワーは何とかなったんだけどねぇ。。。
バグってシザーマンが二人出てきた時は焦ったけど(´-ω-`)

サイレントヒルはどうですか?旦那?
アレはかなりグロいっす。

投稿: SilentVoluf | 2006/02/08 15:25

ふつーのゲームもやるとは知らなんだ( ´,_ゝ`)
こんなの用意したのに・・・。↓
http://www28.cds.ne.jp/~cattail/enq/enq.cgi

投稿: のきかも | 2006/02/08 22:56

ってかサイレンって実話だったのかよ(´Д`;)
この管理人よく島まで行く勇気が有ったな…

http://www.shibito.com/j/p_3_hp.html

あー、怖い。

投稿: SilentVoluf | 2006/02/09 10:21

>あいぼ

サイレンのスナイパーはありえんよね(笑)
サイレントヒルはプレステのホラーアドベンチャーでは一番のお勧めかなぁ。
さすがコナミだけあって、しっかり作ってあるしね。

それとサイレンは多分作り話じゃない?
そのHPは逆にサイレン2を元に作ったような感じに見えるけど……。

>のっき

どれも有名な作品ばかりですな。やってみたら13だったよん。
持ってるけどやってないゲームを入れると、もうちょっとあるかも。
エロゲーの紹介はするけど、エロゲーマニアという程では(多分)無いと自負しております……。

投稿: ruteth | 2006/02/09 14:53

コメント、わざわざありがとうございました!

「サイレン」、私にとっては怖いというか…ビビりました;
普段、映画館であまりホラーを見ないせいかもしれません。
でも、演出などは結構良かったと思います!

それでは、また来ます♪

投稿: 緋炎 | 2006/02/09 20:02

さてと・・・・・・・・

あと一週間なわけだが。

投稿: ちみみ、っていうか、だいちょ | 2006/02/10 16:58

>緋炎さん

こちらこそ!

サイレンのCMに観客が驚いてビクッってするシーンがあって、
CM用の演技かなとか思っていたのですが、
緋炎さんのコメントを見るとどうも本当に驚いてたっぽいですね~。

何か観る前からビビッて来ましたが、心の準備を十分にして観に行こうと思います……。
その内感想を書きますので、良かったらまたいらして下さい。

>ちみみ

おやしろの御守り胸に 神頼み 人生五度目の 「一生のお願い」 

字余りでキメてみました……あはは……。


投稿: ruteth | 2006/02/10 18:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51632/8560116

この記事へのトラックバック一覧です: サイレン:

» 『サイレン』 試写会 [Antique]
銀座での、「サイレン」試写会に行ってきました{/ee_2/} またまた堤監督にやられました〜{/face_ase2/} ドキドキしっぱなしで、ホント怖かったです…{/hiyo_shock1/} 最初から最後までずっと気が抜けなかったので、疲れました{/face_z/} 音響もやっぱりすごかったです。まだ頭の中でサイレンが…。(危 当分は、サイレン(というか色々な音)に敏感になってしまいそうです。 �... [続きを読む]

受信: 2006/02/08 16:05

« ヤバいよな俺ら。 | トップページ | 冬空に夏を恋しがり »