« 5年ぶりに | トップページ | ネット商店の便利さ »

2011/08/27

エヴァンゲリヲン新劇場版:破

1246079137_1_4


今宵の金曜ロードショーでの、アラサー視聴率は相当高かったに違いないと
思いながら、私も同様に観ていました。
3部作揃ってから見るつもりだったけど、テレビでやるんなら観ない手はないよね。

まあアニメの時もそうだったけど、
ダミープラグ初号機にぐちゃぐちゃにされたエントリープラグに乗っていたパイロットは、
どうやって助かってるんでしょうね。トウジの時なんか、がっつり握り潰されてましたからね。

あんだけシンジが大騒ぎしておきながら、生きてましたとか。
シーンの重みが一気になくなっちゃうじゃん。

「私が死んでも代わりはいるもの」

おっとーー。それって、レイだけじゃないのかよ状態。

---------------

1246079137_3_2


まあ、そんな事を差し置いてもやっぱり面白く感じてしまうのは、
多感な青春期にエヴァを観てしまった私達の弱みなんでしょう。
あれは原作のパロディを、原作者がその時の気分で作り直すという作品であって、
全然観た事無い人が観たら、それほど面白くはないと思うんだよね。
(貞本漫画版でも既にその方針らしいし。もう買ってないけど)

まあエヴァの事を知りつくしている人にせよ、私のようなにわかにせよ。
やっぱりエヴァってのはどこかしら消化不良な作品だったんだと思うんです。

何回アニメを見直しても、シンジ君はやっぱりへたれで
視聴者の願う通りに動いてくれなくて。
やれば出来るんだからシンジ無双しろよ的な。
レイはシンジ君にラブラブかと思いきや、なかなかくっつかない。
しかも、良いところまで来て自爆して死んじゃう。
アスカは量産型エヴァにがっつり殺されておきながら、
劇場版ではシンジ君と生き返ったりして。
つーか、お前もシンジと早くくっつけよ、みたいな……。

ぶっちゃけ、私達は彼らに感情移入しすぎた。それが敗因。
青春時代にやり残した、心残りみたいなもんですよ。あのアニメは。

ともかく、今夜も楽しませて貰いました。

10年以上もじらしたんだから、そろそろいいでしょう。
いい加減、胸のつかえが取れるエンディングを期待しています。

P.S.
にゃーって子、別に居なくても良かったんじゃね?
(つーかあの子もメタクソにされた割には生きてるよね?)

※ 画像は拾い物です。

|

« 5年ぶりに | トップページ | ネット商店の便利さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51632/52575371

この記事へのトラックバック一覧です: エヴァンゲリヲン新劇場版:破:

« 5年ぶりに | トップページ | ネット商店の便利さ »