« 天気の子……ぉぉぉおお! | トップページ

2019/08/12

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー

A_20190812213201

先日の「天気の子」に引き続き、もう一つ観たかった映画である「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」を見てきました。
……まあ、その、なんだ。一言でいうと

俺は許した。

あ、多少ネタバレします。

---

D

というか私は、映画開始5分でパパス泣きした時点で全てを許していました。いや、許すことに決めました。ドラクエVはずるい。親子物は涙泥棒です。

ぬわーーっっ!! (´;ω;`)

 

………閑話休題。
もう観た方は分かりますが、この映画はドラクエVの既プレイヤーのみを対象にした映画です。映像のみでストーリーは追えず、プレイヤーの記憶で補完されることによって物語が成り立っています。視聴者も昔を思い出しながらストーリーが進みます。

「そうそうここでオーブをすり替えるんだよ」
「やっぱり名前はゲレゲレか 」(私は少数派のチロル)
「パパスの剣強いんだよなー」
「ビアンカ派?フローラ派?」

映像を通して、心の中でそんな会話をしている感覚で、当時必死にゲームを進めていた時代を思い出しながら楽しく観られました。CGはディズニーと比べたら可哀想ですが、それでも私は良く出来ていたと思います。フローラもビアンカも可愛かったし。(声優はもう少し頑張ってほしかったですが)アクションシーンも良く動いて格好良かったし、音楽ももちろん良かった。途中パパスの剣をゲレゲレが持っていないとか、天空の城が出てこないとか、子供が双子じゃないとか(これは個人的には解せない)、オリジナルと違いがあるものの、懐古物としてはまあまあ順調に話は進んでいきました。

C

B
(CGはフローラの方が何となくぼんやり綺麗に表現されてた気がする)

が、しかし。

何と終盤とんでもないことが起こります。それまでの細かなストーリーの差異など吹っ飛ばすような展開が起こるのです。これによって本映画の評価は大きく割れたと思います。私はというと……上記に書いた通り、(パパスのお蔭で)辛うじて許しました。まあ、これもある種の試みではあったと思ったからです。しかし許せない人が大半だと思います。批評サイトを見ると、この裏切り行為に怒り心頭の方々も大勢いるようで、それも当然と反応かと思います。

正直ドラクエVファンで、この映画を見て100点をつける人は一人も居ないでしょう。多分山崎監督もそれを分かって作ったと思います。しかし未プレイヤーを排除し、わざわざドラクエVファンに向けて作った映画で100点を狙わない映画を作ることに何の意味があるのか。私は小一時間問い詰めたい。その試みをわざわざドラクエでやった意味は何なのか。

一ドラクエファンとしては、100%体当たりでアニメを実写化したディズニーのように、100%体当たりのドラクエ映画を作ってほしかった。それが失敗したらそれでいいと思っていましたし、多くのファンも同様に思っていたと思います。そもそも物語はゲームで完結しているのですから。しかし、今回あえてあのような展開にしたのは何故なんでしょうか。ただのトレース映画では芸が無いと思われたくなかったからでしょうか?

……うーん、やっぱり許せなく思えてきた。

父さん(パパス)ごめん。

"ドラクエは僕の大切な思い出だ"的なラストで締めくくっていましたが、あれしきでは観客の心は鎮められませんよ。そもそも大切な思い出だから映画を観に来たんだし、こんな結末を作る人間にそれを言われたかない。大人になれとか余計なお世話です(・´з`・)
劇場に居たのはドラクエVに特別な思い出を持つ世代なんですよ。その人達がわざわざ足を運ぶ意味を考えて、映画を作ってほしかったです。山崎監督は一体誰のために映画を作ったんでしょうね。

「天気の子」といい「ドラクエ」といい、期待していた映画がどれも期待外れで残念です。三谷幸喜とかが書いた映画は面白く仕上がるのに、漫画やアニメ・ゲームの実写化/CG化はことごとく外れるのが日本映画の不思議なところです。共通しているのが、芸人やアイドル崩れの俳優・女優を出演させるところ。ジャパニメーションなどと盛り上げても、日本でのゲーム・アニメの地位はまだ2段も3段も低いのが現状です。誰が諸悪の根源なのやら。
最近のディズニーのアニメなどは本当に感動しますし、大人達が本気でエンターテインメントを作っているのが良く分かります。素人目に見ても日本は勝てない。ディズニーアニメを見て育った子供世代が、大人になってもディズニーワールドに夢と憧れを持ち続けているのが分からないんでしょうか。数十年の時を経てリメイクし大成功を収めた「美女と野獣」や同時上映中の「アラジン」をみればわかることです。ドラクエは今最も金を持っている中年世代の宝物みたいな存在なのに、"おお、それをふいにしてしまうとは ふがいない!"
ゲーム・アニメを消費の対象としか見ていない日本企業は浅はかだなと思います。(お願いだからパチンコ化とかはやめて下さい)

あーあ、へこんだから「ダンベル何キロ持てる?」でも見て心を和ませることにします。筋肉は裏切らないから……。お願いマッスル。

|

« 天気の子……ぉぉぉおお! | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 天気の子……ぉぉぉおお! | トップページ