カテゴリー「 映画・テレビなど」の14件の記事

2019/08/12

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー

A_20190812213201

先日の「天気の子」に引き続き、もう一つ観たかった映画である「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」を見てきました。
……まあ、その、なんだ。一言でいうと

俺は許した。

あ、多少ネタバレします。

続きを読む "ドラゴンクエスト ユア・ストーリー"

| | コメント (0)

2019/08/10

天気の子……ぉぉぉおお!

11

見てきましたワー天気の子ー(`・ω・´)
最っ高の!!

駄作でしたワー!!(`・ω・´)

いくら妻子がお盆で帰省している隙に、自由を満喫しているとはいえ!
いくら私がその中で非常に暇を持て余しているとはいえ!
1,800円も払ってこの駄作を観たことには腹立たしいですワ!

以下、怒りのこもったネタバレがっつり含んでますワー!(`・ω・´)
熱く語りますよー!見る人注意ですワー!(`・ω・´)

続きを読む "天気の子……ぉぉぉおお!"

| | コメント (0)

2019/02/23

ダーリン・イン・ザ・フランキス

最近Amazon primeのアニメに心を癒やされている私です。
ぼーっとTOP画面を見てたら表題のアニメがあったので、何となく見始めたところ妙にハマってしまいました。
何かよくわかんないけどチューするところとかがいいと思います!
あとゼロツーかわいい。

1_2


続きを読む "ダーリン・イン・ザ・フランキス"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/06/04

君の名は。

アイボのコメントでここの存在を思いだしたので、久しぶりに気分転換も兼ねて更新。今、私は何気に海外出張中。ASCOっていうでかい学会に出席するためにシカゴくんだりまで来てます。

いやー、ホント海外出張辛いっすわ。言葉は通じないし、食事は肉ばかりだし、物価高いし、時差ボケきついし、みんな香水ぷんぷんだし、夜中までパトカーのサイレンが響いているし、しかも言葉が通じないし。
とにかく、海外はホント辛いんすよ。日本に帰りたい。

Kino

そんな中で、唯一癒やしだったのが行きの飛行機の中で見た「君の名は。」だったんですよ。よく見たら前回のエントリーと新海誠繋がりでかぶっていますが、まあ、いいよね。

続きを読む "君の名は。"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016/02/08

秒速5センチメートル

明里 「ねぇ、秒速5センチなんだって」

貴樹 「え、なに?」

Aaaa

明里 「ビールを飲み干すスピード」

貴樹 「えぇ……!?」

明里 「イッキ!イッキ!イッキ!」

……すみません。間違えました。

細部まで描かれた美麗なグラフィックと、山崎まさよしの主題歌が頭から離れないこの作品。皆さん、一度はご覧になったことがあるでしょうか?

最初に見たのはいつの事だったか。あれから数年の時を経て、最近amazonでその漫画と小説が出ているのを知りました。鬱展開と分かってはいましたが、懐かしさが先んじてつい購入をクリックしてしまったので、感想でも書くことにします。

続きを読む "秒速5センチメートル"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013/09/12

「半沢直樹」と「正義は勝つ」

Ba

今、日曜ドラマで半沢直樹やってるじゃないですか。
話題になっているらしいので観てみたんですが、いやぁ面白いですね。

続きを読む "「半沢直樹」と「正義は勝つ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/27

エヴァンゲリヲン新劇場版:破

1246079137_1_4


今宵の金曜ロードショーでの、アラサー視聴率は相当高かったに違いないと
思いながら、私も同様に観ていました。
3部作揃ってから見るつもりだったけど、テレビでやるんなら観ない手はないよね。

まあアニメの時もそうだったけど、
ダミープラグ初号機にぐちゃぐちゃにされたエントリープラグに乗っていたパイロットは、
どうやって助かってるんでしょうね。トウジの時なんか、がっつり握り潰されてましたからね。

あんだけシンジが大騒ぎしておきながら、生きてましたとか。
シーンの重みが一気になくなっちゃうじゃん。

「私が死んでも代わりはいるもの」

おっとーー。それって、レイだけじゃないのかよ状態。

---------------

続きを読む "エヴァンゲリヲン新劇場版:破"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/19

映画感想 「エスター」

いつものようにTSUTAYAでまずホラーコーナーを見回っていたら、
カバーがやたら印象的なビデオを発見したので、借りました。

エスター

Orphan

カバーをみた時、何だか「ミザリー」を思いだしましたが、まあそれはいいとして。

ストーリーはある家族が、孤児院から1人の少女を引き取った事から始まる
サスペンスホラー。良くある設定ですが、これがまた色々魅せます。

登場した当初、少女は非常に可愛く聡明で、誰もが好印象を抱くような女の子。
妻と夫も喜んで彼女を家族に迎え入れます。
ところが話が進むにつれ、徐々に少女がおかしな行動を取り始める……。
何故こんなことを……と思うのですが、最後の方でその理由も分かります。

ストーリー展開が非常にクリアなので、難しい事を考えず内容に集中出来ました。
鑑賞している側はエスターの裏の行動も知っているだけに、
父親の言動には誰しもが歯がゆい思いを抱くでしょう……。

散りばめられている様々な伏線を少しずつ回収しつつ、
最後にエスターの正体がワッと暴かれて、怒涛のラストになだれ込んでゆく展開は
うまいなーと感心しました。

ハラハラドキドキ、エンターテイメントとしてもお勧めです。是非ご鑑賞あれ。
(鈍感力逞しい父親のラストは、脚本家による半分おしおき的なジョークの意味も
込められていたような気がしますが……)

ちなみにこれと一緒に借りた「SAW 6」は相変わらずの内容で、視聴者が求めている
「「いつものヤツ」をキチンと提供しつつ、game over(笑)……といった内容。

いやー、映画って良いモンですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/22

ホラー、好きですか。

書くのが億劫で全然更新出来てませんね。
最近取り立てて変わった事もなく、ひたすら実験をやってます。
良い結果に結びついてくれると良いんですが。

さて、先日TSUTAYAからレンタル半額券なるものが送られてきたんで、昨日早速借りに行ってきました。
前に書いたかもしれませんが、ホラーが好きなんですよ。
で、前々から気になっていた「REC」と「THE MIST」を借りてみましたが、どちらも良かったです。RECは2が去年上映されたらしいですね。続きも見てみたくなりました。

Rec Mist

映画のジャンルの中では、ホラーってどちらかと言うと嫌いな人が多いですね。
どういうジャンルが好きと聞かれて、ホラーと答えると大抵「えっ……」って反応が返ってきます。まぁ、「ホラー好きな人間」ってちょっと気持ち悪いって自分でも思うんで仕方ありませんが。

しかし、だからと言って他のジャンルが嫌いというわけでなく、満遍なく観るんです。
ただTSUTAYAに行って気がつくと必ずホラーのコーナーに足を運んでいる……。
何ででしょうね。自己分析では、恐らく多分ホラー映画のスリルが好きだからなんだろう、と考えていますが。

ただ、昔から好きだったというわけではなく高校生まではレンタルショップの
ホラーコーナーも息を止めて走りぬける程、ホラー嫌いだったんですよ。
大学生になった頃から、何となくホラーを見始めて、いつの間にか今に至るという。
恐らく医学を学んで、何となく自然耐性を獲得したような気がしてます。

例えば臓器どばーとかのシーンは昔は駄目だったんですが、今では冷静に分析
出来るようになりました。

「ああ、造りがちゃちいな」 とか。

人間どこでどう変わるか分からんもんですね。
てな訳で、どなたかお勧めのホラー映画があれば教えて下さい。

(意外と王道な所で、「ミザリー」とか観ていないんですよね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/12

恋は遠い日の花火ではない

最近、サントリーウイスキー「オールド」のCMで「父の誕生日扁」を
見たのですが、相変わらずこのCMの曲と雰囲気は最高ですね。

ちなみに一作目は「父の上京扁」。

BGMはサンライズ・モズレー「人類みな兄弟」(歌詞付きVer.「夜が来る」)
小林亜星作曲で、このCMの歌を歌っているのも彼自身だそうです。
聞く度に切ない気持ちを思い起こさせるメロディーは、まさに「Old is New」という感じ。

このCMの中でも、昔やっていた「恋は遠い日の花火ではない」シリーズは
すごく印象的で、子供心に「いつかこういう時代が来るんかなー」みたいな事を
考えていたのを覚えています。

「恋は遠い日の花火ではない」

このコピー、一体誰が考えたんでしょうか。天才ですね。

というわけで、当時のシリーズをネットから漁ってきたので
このCMで再び切ない気持ちをもてあましたい方は、鑑賞していってください。

続きを読む "恋は遠い日の花火ではない"

| | コメント (2) | トラックバック (0)