2016年3月14日 (月)

大腸がんの新しいコンセンサスサブタイプ (Nat Med. 2015; 21: 1350-6.)

少し前に発表されたものですが、こういうのを読むとやっぱり基礎論文は読んでおかないとと思います。
臨床論文だけ読んでいても、時代の流れが掴めないんだよね……。
内容は大腸がんのmolecular subtypeを現段階で分かる範囲でまとめて、コンセンサスを作成したよと言うもの。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 6日 (土)

”とりあえず絶食”は、高齢誤嚥性肺炎患者の予後へ悪影響をもたらす?(Clin Nutr. 2015. pii: S0261-5614(15)00245-9. [Epub ahead of print]

ここのところキチンと更新しているのは、論文を読む時間も、それをまとめる時間もあるから。
得た知識をまとめるとやはり頭に残りやすいし、忘れてもすぐ見なおせるから良いですね。

さて。毎月送られてくるMedical Tribune紙や日経メディカルに、気になるタイトルがあったので
元論文を読んでみました。確かに絶食時間が長いと嚥下機能が弱るのは良く言われていますが、
だからと言って誤嚥性肺炎患者に食べさせて良いのかどうかは迷う所です。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 3日 (水)

大腸がんFIRE-3試験における、後治療の生存への影響 (J Clin Oncol. 2015 ;33:3718-26.)

PFSでは差がないのにOSで差がつき、色々論議を醸しだしたFIRE-3試験の2次治療以降についてのデータ。
色々調べてあって手間がかかったろうなーと思う内容。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 2日 (火)

2015 ASCO 大腸がん領域メモ

今さらですが、去年のASCOの勉強会のメモが出てきたので、備忘録的に記載……。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月21日 (木)

切除不能肝内胆管がんに対する破壊的RT線量の後方視的解析 (J Clin Oncol. 2016;34:219-26.)

いやー、気が向いたから久しぶりに更新しちゃうよ!

MDアンダーソンで行われた手術不能肝内胆管がん(IHCC)に対する、高線量照射の効果についての後向き検討。
2002年~2014年にRTが行われた79人の手術不能IHCC患者を後向きに調査し、生物学的等価線量(Biological equivalent dose: BED)が80.5Gyより高いか、低いかで調べた所、高BED群がOS,局所制御ともに良かったという報告。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ASCO速報@大腸癌 ブリストル勉強会