« 2012年2月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月15日 (月)

原発不明がんと病理

日本における腫瘍内科はまだまだマイナーな分野と言わざるを得ない。
基本的に、ほぼ全ての臓器がんは各臓器別診療科で治療可能であるからして、
わざわざ腫瘍内科に頼まずとも、各科で普通に治療されているのが現状である。(涙)

しかし、そんな現状でも腫瘍内科の存在価値がちらっと光るパターンが三つほどある。
一つ目は、重複(多重)がん。
二つ目は、稀ながん(rare cancer)。
そして三つ目が原発不明がんだ。

臨床腫瘍学会から2010年に原発不明がん診療ガイドラインが発行されたのは、
日本のがん医療において大きな功績だったんじゃないかな、と個人的には思う。
だって「それじゃあ日本では今までどうやって治療してたんだ?」って思ったもの。

最近はPET-CTも普及して原発不明がんのevidenceが揃ってきたから出来たというのもあるだろうが、
ともかくそれらの情報をまとめて、日本で書籍化したってのはがん治療の均てん化に大きな意味を持っていたと思う。

というわけで前置きが長くなりましたが、今日は原発不明がんに関するお話です。
ちなみに↓の本も読んでみた感想も少し。

G

<原発不明がん-適切な診断・治療のポイント>

続きを読む "原発不明がんと病理"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月10日 (水)

好中球減少時、Mono上昇がNeutro上昇の目安になるわけ

「Monoが上がってるから、もうすぐNeutroも上がって来るね」

なんて、良く言われてたし、自分でも言ってたけど、
何でそうなるのかは知らないままだった。ネットでちょっと調べてみた。

続きを読む "好中球減少時、Mono上昇がNeutro上昇の目安になるわけ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 7日 (日)

風邪の診かた

誰も教えてくれなかった「風邪」の診かた
G

風邪ってどうやって診断するんだろうと、いつも心の片隅で引っ掛かっていたので
本のタイトルを見た瞬間衝動買いしてしまった。

続きを読む "風邪の診かた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 4日 (木)

EBMや臨床試験、統計の勉強

春になりましたね。私もようやく専門医とか取って落ち着いた今日この頃です。
しかし名前だけの専門医なので、中身を実らせるためにはやはり勉強しなければいけません。

さて。医者をやっていくにあたって、臨床試験の知識は避けて通れない話題。
まあ臨床試験だけでなく、大きく言えばEBMの範疇に入るんだけど。
しかしいざやろうとすると、立ちはだかるのが統計の数式たち。
だって、ページを開けば数式が出てくるんだもの……。

そのせいで苦手意識があってまともに勉強した事がありませんでした。
でもこのままじゃいけないと思い、amazonさんで本を買ってみた。

去年まで研究や専門医取得に追われていたけれど、やっと勉強できる時間が出来た。
少しずつ医者としての価値を高めていきたいと思う。

↓以下本の紹介。アフィリエイトとか無いのでご安心を。

続きを読む "EBMや臨床試験、統計の勉強"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2013年5月 »