« 風邪の診かた | トップページ | 原発不明がんと病理 »

2013年4月10日 (水)

好中球減少時、Mono上昇がNeutro上昇の目安になるわけ

「Monoが上がってるから、もうすぐNeutroも上がって来るね」

なんて、良く言われてたし、自分でも言ってたけど、
何でそうなるのかは知らないままだった。ネットでちょっと調べてみた。

理由その1: 単球の方が好中球より分化が早く、先に末梢血中に出てくるから。

Mono1

出典:http://miuse.mie-u.ac.jp/handle/10076/7537

理由その2: 単球がG-CSFを産生する最も強力な機関であるから。
(他にはmesothelial cell, fibrobrasts, endothelial cellなどが産生する)

出典:Koeffler et al. 1987, Kaushansky et al. 1988, Vellenga et al. 1988, Zsebo et al. 1988


と、この2点が理由らしい。つーか、こういうのって教科書に載ってないんかな?
単球の方が早く回復するってのはどこにでも書いてあるのに、
そのきちんとした機序に関しては全然書かれてない。
大学の図書館に行って調べたけど、全然見つけられなかった。
最初の根拠なんて学会の発表抄録だし……、しかもマウスだし……。
もし詳しい出典についてご存知の方いらっしゃったら教えてください。

|

« 風邪の診かた | トップページ | 原発不明がんと病理 »

がん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 好中球減少時、Mono上昇がNeutro上昇の目安になるわけ:

« 風邪の診かた | トップページ | 原発不明がんと病理 »