« 切除不能肝内胆管がんに対する破壊的RT線量の後方視的解析 (J Clin Oncol. 2016;34:219-26.) | トップページ | 大腸がんFIRE-3試験における、後治療の生存への影響 (J Clin Oncol. 2015 ;33:3718-26.) »

2016年2月 2日 (火)

2015 ASCO 大腸がん領域メモ

今さらですが、去年のASCOの勉強会のメモが出てきたので、備忘録的に記載……。

from Japan
・ StageⅢ colorectal cancerのadjuvant cape (2500mg) or S-1: JCOG 1091
S-1は非劣性示せず
ACTS-CCではUFTに非劣性を示している。

・ pStageⅡ-Ⅲ Rectal (Ra, Rbのみ) cancer の adjuvant UFT vs S-1: ACTS-RC
5y RFS: S-1 66.4%, UFT 61.7% S-1がnon-inferiority示した。
再発様式にかかわらずS-1 favorable
現在の日本ではcape, l-OHPはRectal Ca.のadjuvantに保険適応なし。
→Rectal CaではS-1が選択肢? (術前RTは?→局所制御率↓が目的)

―― Biomarker (Beyond RAS) LBA演題 ――

・ MSI colon cancerにPembrolizumab (抗PD-1抗体) →neoantigenが多く免疫寛容状態。
MSI colon →RR 62%, DCR 92%
MSS colon →あまり効かない(何故効かないのかは不明)
MSI non-colon → RR 60%, DCR 70%

・ BRAF mut 統合解析: 一次治療以降の予後悪い
・ TRIBE試験
RAS wild, BRAF wild
RAS mut
BRAF mut

BRAF阻害でMEK, ERK↑ (EGFR, CRAF経路が関連?→抗EGFR抗体併用がbetterか?)
RR 35%。 BRAF + EGFR + αの試験が行われている。

・ HER2+ colorectal Ca (HERACLES trial)
T-mab + Lapatinib → KRAS wildでHER2+ 5.4% Treatment failuer症例
RR 34.7%, DCR 78%
→どの時点でのbiopsy? 治療後tumor biologyの変化。

・ adjuvantでl-OHP入っている症例。FIRE-3, CALGB →ややB-mab群で良好?
・ PⅡ FOLFIRI+B-mab後の治療? CPT-11+C-mab → FOLFOX or FOLFOX → Cmab-CPT-11?
後者がややOS良好か? VEGF → C-mabは効果減弱?
・ 増悪までC-mab投与しなくても生存benefitある?
・ 左側結腸、男性は抗EGFR抗体効く。

---
他、一緒に出てきたメモ

adjuvant Rectal Ca
日本 TME +側方
海外 TME + neo-adjuvant RT (5-15% pathological CR)
meta-analysisではNAC-CRT効果あり。 JAMA 2000
chemo 5-FU + α? RTは45Gy以上 でpCR率↑

・ NCCNではNAC→NACRT→Opeも

・ EPIC Trial 2nd line C-mab→failure
PARADIGM study FOLFOX→ Bev or Pmab

|

« 切除不能肝内胆管がんに対する破壊的RT線量の後方視的解析 (J Clin Oncol. 2016;34:219-26.) | トップページ | 大腸がんFIRE-3試験における、後治療の生存への影響 (J Clin Oncol. 2015 ;33:3718-26.) »

がん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51632/63155040

この記事へのトラックバック一覧です: 2015 ASCO 大腸がん領域メモ:

« 切除不能肝内胆管がんに対する破壊的RT線量の後方視的解析 (J Clin Oncol. 2016;34:219-26.) | トップページ | 大腸がんFIRE-3試験における、後治療の生存への影響 (J Clin Oncol. 2015 ;33:3718-26.) »